男の子産み分けで大事なこと②

こんにちは、今日も娘のお昼寝タイムにブログを書こうと思います。

最近娘はお話しがとても上手で激しくて、一日中しゃべっていてちょっと相手につかれた私でした。(笑)

 

さて、では、今日は、男の子の産み分けで大事なことをいろいろ調べているうちに、知ったことがあります。

知らない人も多いので、誰かの役に立てたら嬉しいです。

 

アルカリ性にしておく!

昔、職場の人が子供ができたときに話している会話を聞いたことがあります。

 

「女の人がイクと男の子で、女の人がイカないと女の子が生まれるねんでー」

「うち女の子やけど、アタリですわ~ワハハハハ」

 

みたいな。

 

なにをしょうもないことを言っているんだ!と思ったことを思い出しました。

 

でも、今思えば、この職場の先輩たちの会話、合っていたんだ!と思いました。

 

昨日、排卵日当日にタイミングを取るといいですよという話を書きました。

 

その理由が、性別が決まる要因と言うのが、精子にあるという話をしました。

このアルカリ性にしておく(女性のアソコの部分を)というのは、精子が関係しているそうです。

 

男の子になるY精子・・・アルカリ性に強くて酸性に弱い

女の子になるX精子・・・酸性に強くてアルカリ性に弱い

 

Y精子が元気に長生きするには、女性のアソコのPhバランスがアルカリ性よりなのが理想ってことです。

 

で、女性のアソコがアルカリ性になるときっていうのが、

エッチで女性がイッたときだって知りました。

 

!!!

 

じゃあ、あの職場の先輩たちの会話は本当なんだ!とビックリ。

ゲスイ話だなと軽蔑していたのは秘密です・・・wwwww

 

あと、排卵が近くなってくると、アルカリ性になりやすくなります。

 

といっても、女性のアソコは普段は酸性なんだそうです。

 

排卵が近づいたり、エッチで感じるとアルカリ性に傾いてくれるんだそうです。

でも、これには個人差があるそうで、人によっては、

全然イってないのに、アルカリ性になる人もいれば

イっても、酸性のままでアルカリ性になりにくい人もいるんだそうです。

 

産み分けゼリー

そこで登場するのが産み分けゼリーです。

男の子が欲しい場合は、アルカリ性にしてくれるゼリーを使ってエッチします。

すると、より男の子ができやすくなるので、みんながこぞって産み分けゼリーを使うんですね。

 

男の子の産み分けゼリーには、いくつかあって、

グリーンゼリーというのが産み分けをしている産婦人科さんとかでもらうことができます。

グリーンゼリー

↑ネットとかでよく見かける例のやつですねw

 

病院でないとゲットできないグリーンゼリーもありますが、市販の産み分けゼリーもあります。

産み分けゼリー

↑ベイビーサポートという産み分けゼリーと、

 

ハローベビー

ハローベビーボーイという産み分けゼリーです。

 

私は、この産み分けゼリーのチョイスを産み分け妊活サポートさんというサイトを参考に選ぶことにしました。

 

産み分け妊活サポートさんのサイトでは、ゼリーのアルカリ性度がどれが高いのかを実験しています。

その中で、ゼリーのアルカリ性度が高いのが、

 

病院のグリーンゼリーと、ハローベビーボーイと書かれていました。

私は、娘がいて、病院に行くのは時間がかかってしまうのと、家の近くに産み分けができる病院がなかったので、自分でネットで購入できるハローベビーボーイを使うことに決めました!

 

また、届いたら、このブログでもご紹介したいと思います!!!